カメラメーカー オリンパス(OLYMPUS)

リンパス(OLYMPUS)

カメラ部門ではニコン、キヤノンに次ぐ売上げです。

(ICレコーダーは日本国外で70%以上、日本国内でも50%近い高いシェアを占めています。)

オリンパスの社名は、ギリシャ神話で神々が住む山とされるオリンポス山を参考にしたと言われています。

これは創業時の社名であった「高千穂製作所」の由来である高千穂峰が、日本神話において神々が集う山とされているためです。

 

事業分野別にみたオリンパスグループの売上比率は、医療が39.7%、情報通信が21.4%、映像が19.8%・・・となっている

カメラ事業は

1958年

「6000円で売れるカメラの開発」からスタートしました。

「ペン」と言えばハーフサイズカメラの代名詞です。

性能の良いズイコーレンズを装備して優れた撮影性能を発揮、しかもハーフサイズであるため通常の35mm判カメラの2倍の枚数が撮影できる事が市場に受けベストセラーになり、他社も追随してハーフ判のカメラを多数販売することになったさきがけのカメラです。
コンパクトで高性能なカメラ!

これがオリンパスが目指している所です。
代表的になカメラとしては

●PENシリーズ

●ペンシリーズ/OM-D
(マイクロフォーサーズシステムを採用したミラーレス一眼カメラモデルです。)

●オリンパス・ペン E-P1

●オリンパス・ペン E-PL1

コーポレートスローガンは「Your Vision, Our Future.」です。

 

 

 

 

デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)とは?

LUMIX(ルミックス)は、

2001年より販売しているパナソニック製デジタルカメラのブランドです。

TZ40

特長として

フォーサーズシステム

を採用しています。

フォーサーズシステムとはデジタル一眼レフカメラにおける共通規格のひとつです。

日本の光学機器メーカーオリンパスとアメリカの写真用フィルム・写真機器メーカーコダックによって提唱されました。

シグマ、ライカも賛同しているメーカーのひとつです。

4/3型(約17.3mm×13mm)のイメージセンサーと、これに適する標準規格化されたレンズマウント及びデジタル専用設計の交換レンズが規格の中核となっています。

●メリット

望遠レンズの小型化・軽量化が出来ました。

PC等におけるフルスクリーンでの表示が可能。撮った写真が4:3の同じ比率で見えます。

オープン規格なので他メーカーも賛同、参入が可能です。

ほこり除去機構 自動でほこりを落とすオリンパスが開発したダストリダクションシステムを開発。他メーカーも同じシステムを導入しています。

●デメリット

暗所での高感度撮影が苦手。ISO感度を高くするとノイズが入りやすい。

被写界深度の浅さを利用する写真表現が甘い。ぼけが浅くなる。

ファインダー像が小さい。

小型、軽量なデジタルカメラシリーズですネ。

女性の方、カメラ女子が撮影するのにいいですネ。

 

CANON(キヤノン) 充電器 バッテリーチャージャー

CANON(キヤノン) 充電器 バッテリーチャージャー

キヤノンも機種によって充電器(チャージャー)が違います。

バッテリーチャージャー LC-E8

LC-E8

対応機種:KISS DIGITAL X4 X5 X6i V7i

バッテリーチャージャー LC-E5

LC-E5

対応機種:KISS DIGITAL F X2 X3

バッテリーチャージャー CB-2LW

CB-2LW

対応機種:KISS DIGITAL N X

バッテリーチャージャー LC-E6

LC-E6

対応機種:EOS 5D mk II

 

NIKON(ニコン) 充電器 バッテリーチャージャー

NIKON MH-18a

NIKONMH-18a

対応機種:D700・D300S・D300・D200・D100・D90・D80・D70s・D70・D50

NIKON MH-23

NIKONMH-23

対応機種:D5000、D3000、D60、D40、D40x

NIKON MH-24

NIKONMH-24

対応機種:Df・D5300・D5200・D5100・D3200・D3100・COOLPIX P7800・P7700・P7100・P7000

カメラに充電器(バッテリー)が入っていない時があるので参考にしてください。

D300とか3桁はMH-18a

D7000とか4桁はMH-24

一部 MH-23ね。

カメラのボディのみでバッテリーやバッテリーチャージャーがない時がたまにあります。

こういうカメラは相場より安く値付けされていますのでチャンスです。

ボディとチャージャ-をセットする事で利益が増える事が多いです。

是非、実践して下さい。

 

キヤノン株式会社(Canon Inc.)

キヤノン株式会社

(Canon Inc.)

芙蓉グループ、旧安田財閥が戦後財閥解体により再編しできた企業グループ。

キヤノンの前身は、1933年に創立された精機光学研究所

観音菩薩の慈悲にあやかりたいという気持ちから、同年発売予定の精密小型カメラを「KWANON」(カンノン)

そのレンズを「KASYAPA」(カサパ)と命名した。KASYAPAは、釈迦の弟子のひとりである迦葉に由来している。

1935年、世界で通用するカメラのブランド名として、Canon(キヤノン)が採用された。

「聖典」「規範」「標準」という意味を持ち、正確を基本とする精密工業の商標にふさわしいことと、KWANONに発音が似ていることが、この名称を採用した理由とされている。

logo_02

最初の「Canon」のロゴは、1935年に当時の社内の広告宣伝担当者によりデザインされました。

「C」の文字の先端が内側に折れ、シャープに尖っている独特な形は、当時からのデザインであり、また欧米の書体には無いスタイルでした。

ロゴデザインは、キヤノンの独創性と進取の気性を表しています。

その後「Canon」ブランドのもと、次々とカメラ製品の開発、生産、販売を続け、1947年には社名をキヤノンカメラ株式会社に変更して、社名とブランド名を統一しました。

しかし当時はまだキヤノンロゴのデザインは一つではありませんでした。そこで1953年に第一次統一キヤノンロゴを制定。

次いで1956年、当初からの特徴を引き継ぎ、現在のキヤノンロゴが生まれました。

以来、キヤノンは、約半世紀以上の間変わる事無く、ロゴを世界中で使用しています。

製品は非常に良く人気があると思うが、ニコンさんと比べるとサービスセンターでの対応は落ちると言わざるを得ない。

点検期間、料金に更にサービスの向上を求めたいです。